*

“Ç”映画「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」:スポ根としてみると…

“Ç”映画「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」:スポ根としてみると…留学、飛行機と言えば日本より早く
近日公開作品を観られる楽しみがある。

アンジェでは、
ロバート・ロドリゲスの
「シンシティ」続編が
公開されていて、
テンションアゲアゲなり(≧∇≦)
予告編にまた痺れたぜ!

さて今回紹介する作品は、
「グレース・オブ・モナコ
公妃の切り札」だ!

モナコ公妃になった
ヒッチコックが
大好きだった女優が
シャルルドゴールと
戦う話である。

監督は「エディット・ピアフ」の
オリヴィエ・ダアン。

戦うケリーを演じたのは
ニコール・キッドマンである。

うーん、完全にプロットが
「英国王のスピーチ」
と一緒なのだが感動しない…

確かに映像をヒッチコック風に
描き、特にキッドマンが
車を運転するシーンは
「泥棒成金」そのもの。
しかも、ヒッチコックが
惚れるのも分かる。
キッドマンがめっちゃ美しく
描かれているのだ!

しかし、この公妃が
「マーニー」で女優業復帰する
のを諦め
(ティッピ・へドレンが
ヒロインを演じた)、
ドゴールを説得し、
モナコが仏領になるのを
防いだ話を映画化するのは
非常に難しい。

まず、この作品のプロットは
「スポ根」ものである。
「ロッキー」「レスラー」のように、
負け犬が頑張って敵を倒して
感動を呼ぶ。

この作品は、
既に成功した人が新たな強敵を
倒すべく特訓する時点で観客の
共感を得にくい。

そして、主人公である
グレース・ケリー
は元女優である。
しかも、仏語は
フツーに話せるのだ。

そんな彼女が強敵倒すべく
さらに仏語を特訓するのは、
例えるならば
仏語流暢な人が
フランス留学する
ことを理解する並みに
共感を得にくい。

かと言って、完全伝記ものと
して描くのも皇室ものだから、
「英国王のスピーチ」の脚本家
デヴィッド・サイドラーのように
想いを込めまくらんて厳しい。
(サイドラーは自身の吃音体験と
英国王をシンクロさせた)

故に映像は綺麗だが、
要予習の作品と言えよう。
スポ根ものとして、観てはいかんぞ!
日本では10/18公開!

関連記事

”Ç”87回アカデミー賞予想4:脚本&脚色賞

脚色と脚本の違いって? よく友達に「脚色賞」と「脚本賞」の違いって何? って訊かれる。 実は両

続きを読む

【小話】ブンブンの小説オールタイムベスト発表 1位は「1984」

チェ・ブンブンの小説 オールタイムベスト 先日、ゼミのリービ英雄教授と 小説のオールタイムベストの

続きを読む

“Ç”2015年カンヌ映画祭受賞結果パルムドールは「Dheepan」是枝受賞ならず

第68回カンヌ映画祭は新人がかっさらう回 朝4時からパソコンの生中継映像の授賞式を観てびっくり!

続きを読む

“Ç”世にも奇妙なエストニア映画「ルクリ」TIFFにて

ルクリ(ROUKLI) 監督:ヴェイコ・オウンプー 出演:ユハン・ウルフサク、ミルテル・ポフ

続きを読む

“Ç”マジで怒りのデス・ロード!「劇場版ガールズ&パンツァー」

劇場版ガールズ&パンツァー 監督:水島努 声の出演:淵上舞、茅野愛衣、尾崎真実etc

続きを読む

TIFF2016鑑賞記録7「痛ましき謎への子守唄」ラヴ・ディアス8時間の世界

痛ましき謎への子守唄(2016) Hele sa hiwagang hapis(2016)

続きを読む

“Ç”「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」じいじの最後の尽力 

Mr.ホームズ 名探偵最後の事件(2015) Mr.Holmes(2015) 監督:ビル・コ

続きを読む

“Ç”こんなバカンスは嫌だ「パラダイス三部作」特集②「希望」

パラダイス:希望(PARADIES:HOFFNUNG) 監督:ウルリヒ・ザイドル 出演:メラ

続きを読む

フランス映画「美しき諍い女(1991)」

監督:ジャック・リヴェット 出演:ミシェル・ピコリ、エマニュエル・ベアールetc

続きを読む

【ネタバレ】「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」は実写版グラディウスだった!

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017) Guardians of the Ga

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑