*

”Ç”「ウィークエンドはパリで」公開間近!老夫婦の青春をもう一度

”Ç”「ウィークエンドはパリで」公開間近!老夫婦の青春をもう一度

今月9/20(土)からシネスイッチ銀座で公開の「ウィークエンドはパリで」

実はチェ・ブンブン、モロッコから帰る飛行機で観ていました!
この面白い作品を日本で公開してくれるなんて嬉しいぜ(≧∇≦)

話は、老夫婦が結婚30周年を記念してパリに旅行にいくとこから始まる。

ジム・ブロードベントとリンゼイ・ダンカンのオシドリ老夫婦感がお茶目で可愛らしい。

タクシーのうんちゃんが言う値段が分からず、夫が適当に札を払ったり、喫茶店でゴダール映画のモノマネしたり、新婚旅行のハプニングを再現したり…もう胸キュンだ♡

そんな、旅も互いの記憶のすれ違いと夫の告白、そして「ザ・フライ」のあの男の登場で険悪ムードに(汗

旅行あるあるをロマンチックに構成するこの映画。旅行好きにはたまらんね〜
友人との旅行、度重なるハプニングでちょっとムッとなるけど最後には感動が待っている!

さすが、「ノッティングヒルの恋人」でロマンチックな恋を描き切ったロジャー・ミッシェル監督作。

世界の映画祭で男優賞、女優賞を獲った
小粋で笑える老人の旅を是非劇場で^o^

「ウィークエンドはパリで」予告編

関連記事

【ネタバレなし】『ハルチカ』観逃していませんか?髭男爵の元相方が放つ大大大傑作アイドル映画を

ハルチカ(2017) 監督:市井昌秀 出演:佐藤勝利、橋本環奈、小出恵介etc 評価:

続きを読む

“Ç”「新・のび太の日本誕生」公開直前!「映画ドラえもん のび太の恐竜」を観てみた

映画 ドラえもん のび太の恐竜(1980) 監督:福冨博 声の出演:大山のぶ代, 小原乃梨

続きを読む

“Ç”こんなバカンスは嫌だ「パラダイス三部作」特集①「愛」

ウルリヒ・ザイドル監督作に挑戦! オーストリア映画って実はゲテモノ映画を 定期的に輩出している国

続きを読む

【ネタバレなし】「ブラインド・マッサージ」ロウ・イエpresents盲目だから見えてくる愛の形

ブラインド・マッサージ(2014) 推掌(2014) 監督:ロウ・イエ 出演:ホアン・シュ

続きを読む

“Ç”【トークショー】24時間テレビや祭を蹴った者たちの「ムカデ人間3」ファンイベント

ムカデ人間3 The Human Centipede 3 (FINAL SEQUENCE)

続きを読む

“Ç”【ネタバレ&解説】「TOO YOUNG TO DIE若くして死ぬ」良くも悪くも学園祭ムービー

TOO YOUNG TO DIE! トゥー・ヤング・トゥー・ダイ 若くして死ぬ(2016)

続きを読む

“Ç”チェコ版イージー・ライダーがシュール過ぎる!「ひなぎく」

ひなぎく(Sedmikrásky) 監督:ヴェラ・ヒティロヴァ 出演:イヴァナ・カルバノヴァ

続きを読む

“Ç”実は教育書の劇場版!「映画 ビリギャル」慶応イケる気になれまっせw

映画 ビリギャル 学年ビリのギャルが1年で偏差値40上げて 慶応大学に現役合格した話 監督

続きを読む

“Ç”【Netflix】日本ドラマ界新時代?「火花」の撮影が凄い件!

火花(2016) 監督:廣木隆一 出演:林遣都、波岡一喜etc 芥川賞を受賞したお笑い

続きを読む

“Ç”「リリーのすべて」アリシア・ヴィキャンデル、主演女優じゃね説!

リリーのすべて(2015) THE DANISH GIRL(2015) 監督:トム・フーパー

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレ解説】『ファントム・スレッド』PTA版『召使』はダイヤのマチ針で貴方を刺す

ファントム・スレッド(2017) Phantom Thread(20

【ネタバレ考察】『海を駆ける』ディーン・フジオカ扮するLautとはなんだったのか?

海を駆ける(2018) 監督:深田晃司 出演:ディーン・フジオ

【ネタバレ解説】『天国はまだ遠い』濱口竜介の見えざる手

天国はまだ遠い(2016) 監督:濱口竜介 出演:岡部尚、小川

【毎週インド映画5】『PK』アーミル・カーン主演!多宗教が世界を救う

PK(2014) 監督:ラージクマール・ヒラーニ 出演:アーミ

【アルベルト・セラ特集】『鳥の歌』+『キューバ・リブレ』スライムすら出てこない荒野を勇者は彷徨う

鳥の歌(2008) El Cent dels ocells(2008

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑