*

“Ç” チェ、アデルへの挑戦「アデル、ブルーは熱い色」比較

“Ç” チェ、アデルへの挑戦「アデル、ブルーは熱い色」比較IMG_3628.JPG
昨年、カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した「アデル、ブルーは熱い色」。

これ、友だちと軽いノリで観に行ってトラウマになった映画なんだー~_~;

スピルバーグ絶賛は「罪の手ざわり」もそうだったが、友だちと観るべきでない。

バイオレンスや写実的なS⚪︎Xがあるから気まずくなるぞ!

でも、映画の凄さは原作を読んでからジワジワとやってきた(≧∇≦)

原作は当時19歳だったジュリー・マロが授業の合間に書いたバンド・デシネ(漫画)。

同人誌的ノリ(?)だから、中身が良くある入院ものになっていて、お涙頂戴感がある。もちろん、レズビアンの繊細な葛藤描写に泣けてきますよw

そんな原作にリアリズムを徹底的に与えたのが映画版!

フランス人の高校生は、大学受験的存在バカロレアのテスト教科に「哲学」があるのだが、その勉強をする様子をそのまんま描くのだ!

だから、まるでエリック・ロメール映画のようにクダけた会話で議論する。サッパリ聞き取れね〜~_~;でも、これがマジな仏語なんだなと痛感したぜ。

そんなエリック・ロメール映画さながらの雰囲気を3時間ぶっ通しで観たら疲れるのだが、やっぱラストには圧倒されたねー。

もはや、原作崩壊させまくりなのだが、あの哀愁あるラストが見事。お涙頂戴感を見事に消し去りクールにぶつ切り。これぞフランス映画だと思ったぜ(≧∇≦)

ちなみに監督のケシシュさんはチュニジア人。なのにリアルフランス不思議だな〜

関連記事

【カイエ・ドゥ・シネマ週間】「美しき仕事」観た者の人生観を変える一本

美しき仕事(1999) 仏題:BEAU TRAVAIL 英題:GOOD WORK 監督:ク

続きを読む

“Ç”意外!「バードマン」アカデミー賞作品賞受賞

アカデミー賞発表 ついにアカデミー賞発表されましたねー。 今年は「6才のボクが、 大人になるま

続きを読む

“Ç”銀世界の誘拐事件「白い沈黙」日本10月公開

白い沈黙(THE CAPTIVE) 監督:アトム・エゴヤン 出演:ライアン・レイノルズ、

続きを読む

“Ç”大きなオトモダチ、ハロウィンに…「映画GO!プリンセスプリキュアGO!GO!!豪華3本立て」

映画GO!プリンセスプリキュアGO!GO!!豪華3本立て 監督:座古明史、宮本浩史、貝澤幸男

続きを読む

“Ç”これが真の飲み会映画だ!!「まあだだよ」…黒澤明の遺作なり

まあだだよ 監督:黒澤明 出演:松村達雄、香川京子、井川比佐志 所ジョージ、寺尾聰etc

続きを読む

【ネタバレ酷評】『鋼の錬金術師』から考えるクソ映画の哲学

鋼の錬金術師(2017) FULLMETAL ALCHEMIST(2017) 監督:曽利

続きを読む

「ブリュッセル1080、コメルス河畔通り23番地、ジャンヌ・ディエルマン」主婦ライフを覗いてみよう

ブリュッセル1080、 コメルス河畔通り23番地、 ジャンヌ・ディエルマン(1975) Jea

続きを読む

“Ç”第69回カンヌ国際映画祭(2016)出品作発表ジャームッシュにドランにetc

第69回カンヌ国際映画祭 2016/6/11~2016/6/22開催 今年も、この季節がやっ

続きを読む

フランス映画「憎しみ(1995)」

監督:マチュー・カソヴィッツ 出演:ヴァンサン・カッセル、ユベール・クンデetc 最近、「10

続きを読む

“Ç”【ネタバレ&解説】「リップヴァンウィンクルの花嫁」岩井俊二からあれが見られるとは!

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016) 監督:岩井俊二 出演:黒木華、綾野剛、Cocco

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレ考察】『海を駆ける』ディーン・フジオカ扮するLautとはなんだったのか?

海を駆ける(2018) 監督:深田晃司 出演:ディーン・フジオ

【ネタバレ解説】『天国はまだ遠い』濱口竜介の見えざる手

天国はまだ遠い(2016) 監督:濱口竜介 出演:岡部尚、小川

【毎週インド映画5】『PK』アーミル・カーン主演!多宗教が世界を救う

PK(2014) 監督:ラージクマール・ヒラーニ 出演:アーミ

【アルベルト・セラ特集】『鳥の歌』+『キューバ・リブレ』スライムすら出てこない荒野を勇者は彷徨う

鳥の歌(2008) El Cent dels ocells(2008

【アルベルト・セラ特集】『騎士の名誉』テリー・ギリアムのドンキホーテが上映されている裏側で

騎士の名誉(2006) Honor de Cavalleria

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑